日時:

2014年10月11日(土)10時〜17時

(セミナー13時30分〜16時)

場所:

日本工学院専門学校ギャラリー鴻

入場無料



シネパラ蒲田参加企画


   ↑ここをクリックでリーフレット (PDF)が見られます。  
  
● 上映作品
○『テレビは何を伝えたか 〜松本サリン事件のテレビ報道から〜』=第20回TVF大賞作品(長野県松本美須々ヶ丘高校放送部制作) 地元の高校生たちは素朴な疑問や怒りを映像作品にして、テレビ報 道の在り方にひとつの大きなくさびを打ち込んだ。
参考 : 同時上映 
○『足跡 松本サリン事件20年』=NNNドキュメンタリー番組(テレビ信州 松澤亮ディレクターら制作)報道側の姿勢に疑問をもったかつての高校生(松澤亮氏)は、自ら報道記者となり、社会を大きく誤解に導いた松本サリン報道をいま再び振り返る。
●登壇者
・松澤 亮さん (テレビ信州報道ディレクター、TVF1998大賞受賞者・当時長野県松本美須々ヶ丘高校)
・川滿佐和子さん(日本大学芸術学部1年、TVF2014大賞受賞者・当時埼玉県立芸術総合高校)
下 村健一さん (市民メディアアドバイザー、元TBSアナウンサー・松本サリン事件当時報道担当)
●ご案内役 
・佐藤博昭さん (日本工学院専門学校講師、ビデオ作家、TVF審査委員)



メール送信フォーム



Copylight(C) 2010-2014 Tokyo Video Festival for the people All rights reserved.