市民映像の普及促進のために公開していますが、作品には著作権をはじめ様々な権利を有します。
個人で視聴する以外の目的でコピー、ダウンロード、アップロード、編集、上映するなど使用することは違法となります。
使用する場合は、必ず事前に事務局の承認を受けてください。
作品を視聴するには、「作品サムネイル」をクリックしてください。YouTubeで視聴できます。
エントリー番号 作品サムネイル 作品名・時間・作者名・年齢・居住地 解     説
23009
ヨルイチ2022
19分42秒
村井 正己 57歳 東京都
かつては炭や木材を運ぶことで栄えた、五日市街道の宿場町・五日市で、夏の夜に「市」を再現するイベントが『ヨルイチ』。いつもは静かな町も たくさんの人で賑う。コロナ禍で3年ぶりに開催された。忍者屋敷、かき氷、人力車、懐かしい古き良き時代へ迷い込んだような楽しいイベントであ る。この作品のメインは地元のスターで、シンガーソングライターのキシノヒロシさんのライブだ。オリジナルの五日市讃歌が人々を魅了する。
23008

戦争はいけない No War !
12分00秒
鈴木 賢士 90歳 東京都
戦争と平和を考えるエッセイ。ロシアのウクライナ侵攻はウクライナだけの問題ではない。日中戦争を体験した作者には戦争がウソとプロパガンダ で始まって長期に及び、苦しむのは庶民だということが痛いほど分かる。東京大空襲で孤児になった女性が戦火に怯えるウクライナの子どもに重ねあわ せて、子どもの運命を案じる。作者は同じように嘘で始まった日本の戦争を振り返り、歴史に学ぶ大切さを痛感する。
23007
ひとりとじぶん
1分09秒
シナモン様 愛知県
コマドリアニメーション。作者が大切にしていたワイヤレスイヤフォンの片方を道に落としてしまい、拾う寸前に車に轢かれてしまった。轢かれて しまった一つのワイヤレスイヤフォン そして 遺されたもう一方のワイヤレスイヤフォンの寂しさの物語を60秒の中で表現している。
23006
マンガガールズ
9分45秒
大門 嵩、祁答院 雄貴 34歳 東京都
マンガと実写が組み込まれたオムニバス。作者のエピソードか。学校の中で1人黙々と漫画を描いているといつも誰かが私の後を付けてくる。「ス トーカーか!??」私は、そいつから逃れる為に車のトランクに。「ふぅ、ここなら見つからないだろう。」と思った矢先、トランクが閉まって閉じ込 められてしまった。そして携帯の電源も落ちた。もう駄目か。助けてくれたのは一人の少女でした。
23005

撮った電線で遊びました
2分32秒
金谷 功 79歳 京都府
イメージ表現。空の電線をカメラで撮り、リズムに乗せて動画にして楽しんだもの。電線や鉄塔の幾何学図形とともに、電線に引っ掛かった凧、留 まっているカラスの群れなどが入り込み、信号、ガイシ、コイルなどいろんな部位、部品もアクセントとなっている。電線は突然、キリン、ゴリラ、カ バの野生動物と遭遇。電線は地球上どこへでも繋がっているのだ。
23004

ベンツがほしい「多菜子」
19分52秒
堀井 彩 54歳 埼玉県
3人の女性を見つめた連作ドラマ。第1弾。同棲相手との別れ。雑誌出版社に勤務していたが、会社の倒産を経て、無職のままクリスマスを迎えよ うとしている多菜子。元同僚の眞名美と会う。彼女たちが新会社を作ろうとしているが、自分は誘われていない。そんな折、かつての恋人カメラマン石 井に遭遇する。母親が上京し、訪ねてきた元恋人とトランプに興じるうちに、まどろみに幸せを感じる。
23003

ベンツがほしい「眞名美」
ベンツがほしい「眞名美」
堀井 彩 54歳 埼玉県
3人の女性を見つめた連作ドラマ。第2弾。久し振りに多菜子と会う眞名美。潰れた出版社での元同僚だ。多菜子も就職が決まらず、海外へでも旅 行したいと語るが、自分には先輩の紗希から新会社設立に誘われているのだと言う。多菜子が誘われない理由も明らかにする。子供の頃のいじめがトラ ウマとなり、誰も愛せなくなった眞名美。様々な男を弄ぶ彼女は、自分を拾ってくれた女社長紗希の愛人にも手を出していた。
23002

23002 ベンツがほしい「紗希」
19分56秒
堀井 彩 54歳 埼玉県
3人の女性を見つめた連作ドラマ。第3弾。勤めていた会社が倒産したのを機に、会社を興した紗希。仕事ができた同僚・多菜子には声をかけず、 後輩の眞名美を腹心の部下として雇っている。ある日、彼女は恋人である取引先の男の浮気を怪しんで、後をつけるが着いた先は眞名美のマンション だった。二人が抱き合っている場に遭遇。男は謝るが、眞名美は逆上する。耐えかねて、深夜の都会を彷徨う紗希だった。
23001

親家片騒動記
4分34秒
堀井 彩 54歳 埼玉県
 家族が抱えるドラマ。一人暮らしの母親と離れて暮らす主婦・多菜子は、ゴールデンウイークを使って実家の不要な荷物の整理(断捨離)を試み ようとする。しかし、家族の思い出にこだわる母は、物を捨てることに乗り気ではない。そこへ妹が離婚し帰って来る。実家に同居することで、母親の 一人暮らしの不安は解決したが、断捨離を実行したい。そこで思いついたのが、壁に思い出の写真を飾ることだった。

Copylight(C) 2010-2014 Tokyo Video Festival for the people All rights reserved.