市民映像の普及促進のために公開していますが、作品には著作権をはじめ様々な権利を有します。
個人で視聴する以外の目的でコピー、ダウンロード、アップロード、編集、上映するなど使用することは
違法となります。使用する場合は、必ず事前に事務局の承認を受けてください。

作品を視聴するには、「作品サムネイル」をクリックしてください。YouTubeで視聴できます。


エントリー番号 作品サムネイル 作品名・時間・作者名・年齢・居住地 解 説
20012

花街・深川木場の粋
10分00秒
佐藤 勝雄 64歳 東京都
江戸時代に栄えた深川を歩く。江東区は隅田川と荒川に囲まれ、縦横に運河が走る水の都だ。清澄公園近くに眠るのは豪商・紀伊国屋文左 衛門の墓。材木所の集積地として巨万の富が集まった深川、カネが集まるところには花街ができる。木場の角乗り、辰巳芸者、深川八幡祭、奉 納された大神輿と木場の粋が伝わる探訪だ。
20011

美ヶ原でのビデオ撮影
19分10秒
吉野 和彦 58歳 長野県
作者の得意技は登山での自撮り。今回は車の走行シーンの自撮りだ。美ヶ原高原は標高2000mの高さにあり、なだらかな稜線のドライ ブはカーマニアにとって魅力的なコースだ。北アルプスを見渡せるパノラマが続く。ポルシェGT3を運転するのは作者。要所にカメラをセッ トし、そこを通り過ぎる愛車を場所や角度を変え、何度も丹念に撮影する。撮りためた画像は編集でつなぎ、映像は完成する。根気のいる撮影 法だ。 
20010

空蝉の声
17分34秒
堀井 彩 51歳 東京都
人生の辛苦に満ちた自分史映像。2008年から40代の10年間に至る作者の出来事「仕事、家族、映画〙について、3人の女優がモノ ローグで語る。これまで作者は映画を作り続けてきたが、一人娘が誕生したことがきっかけでやめた。雑誌編集者の斜陽で忙しくなったことも ある。しかし、震災が起き、会社は倒産した。仕事が見つからず、職業訓練学校へ行きながら再び自主制作映画を始めるのだが。家族の不幸に も遭遇する。
20009

平成最後の一般参賀
6分50秒
渡部 数馬 79歳 埼玉県
2018年12月作者の家のベランダに一輪の薔薇が咲いた。薔薇の種類はプリンセスミチコ。これは俳句仲間と上皇后の生家跡「ねむの 木の庭」を訪れた際、園丁さんから剪定の枝を頂き、接ぎ木したもの。この薔薇の誘いを受けて年が明け、皇居へ一般参賀に赴いた。皇居は平 成最後の一般参賀ということで訪れた人々で溢れ、皇居宮殿に向かう列が果てしなく続く。天皇ご一家を拝見し、万歳と拍手に包まれた光景が 繰り広がる。スマホ撮影。
20008

バックミラー
7分06秒
村井 正己 53歳 東京都
東京都あきる野市に住むキシノヒロシは地元では有名なシンガーソングライターがいる。市内の夏祭りの一つであるヨルイチでのミニコン サートを記録したもの。義母は元気に生活をされているが、少し認知症ぎみのときもあるという。タイトルは実家を訪問した際、いつも手を 振って見送くる義母の姿を「バックミラー」越しに見る光景からつけたもの。愛しい義母への応援歌であると同時に、社会への問いかけも含ん だ曲だ。
20007

あたらしいいのち
3分08秒
村井 正己 53歳 東京都
東京都あきる野市に住むキシノヒロシは地元では有名なシンガーソングライターがいる。市内の夏祭りの一つであるヨルイチでのミニコン サートを記録したもの。ボーカル・ギターとフルート、キーボードの編成。娘さんが出産予定で、これから生まれてくる孫への応援歌だ。嬉し さいっぱいの祖父の心が描かれている。
20006

この町に生まれて
8分39秒
村井 正己 53歳 東京都
東京都あきる野市に住むキシノヒロシは地元では有名なシンガーソングライターがいる。市内の夏祭りの一つであるヨルイチでのミニコン サートを記録したもの。ボーカル・ギターとフルート、キーボードの編成。「この町に生まれて」はこの町は大きく変わったけど、変わらない ものもあるんだというふるさと讃歌だ。中学時代の初恋や亡くなった友人のこと、祭りの感動、父親へのオマージュに溢れている。
20005

心つなぐ詞
18分00秒
内田 一夫 83歳 埼玉県
女優谷英美さんは詩人金子みすゞを綴る一人芝居を行ってきた。詞の朗読を読みつつ、みすゞの生涯をたどる内容だ。谷さんは2011年 7月に岩手県陸前高田市を訪れた。この地で1年前、地元の女性たちの協力を得て、公演を行った街だ。彼女は川越でみすゞ塾を主宰してお り、そのつながりで、この地でも深くみすゞの詞が読まれているのだ。津波に遭遇した女性たちの親交や仮設住宅での朗読会、生き残った1本 松への生きる希望が記録されている。
20004

次は・・・あなたの番
5分55秒
高上 雄太 23歳 東京都
ホラードラマ 日常の中での得体の知れない恐怖を描く。帰宅した一人暮らしのサラリーマンが冷えた缶ビールを美味しそうに飲んでいる と、カメラのシャッター音が聞こえ、携帯に室内の写真が送られてくる。締め切られた玄関には赤いヒールパンプスがあるではないか。何者か が室内にいる。締め切られた室内での恐怖に怯えた男はクローゼットを開けてしまう。撮影はOSMOを使用。
20003

史上最悪のひぐま事件~木村盛武さんに学ぶ~
20分00秒
有沢 準一 80歳 北海道
住宅地に熊が出没し、マスコミを賑わせているが、北海道に生息するのは体長が大きいヒグマだ。およそ100年前、三毛別羆事件が起き た。北海道西部の苫前町で一頭のヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡した。討伐隊が組織され、クマが射殺されたことで終息 した。埋もれていたこの事件を取材したのが営林署に勤務していた木村盛武さん。彼を通して、当時の事件を再現するとともに、なぜ、この事 件が起きたのか作者は検証する。
20002

Pieces of memory〜Australia〜
1分30秒
中越 皓輝 26歳 大分県
《オーストラリア》を舞台にしたトラベルイメージ映像。メルボルン、シドニー、ブリスベン、ゴールドゴーストなどの大都市や観光地を 旅し、断片的な映像の記憶を集めたコラージュとなっている。主役は初冬の雑踏を旅するひとりの女性。手にはオーストラリア・コーヒーの カップ。次第に心は町並みや人々に溶け込む。海岸ではサーファーたちが波乗りに興じている。彼女はカメラを構えて、ズームインしていく。  
20001

九年目を迎える東日本大震災地 
白鳥の飛来

15分00秒
菅原 三雄 82歳 宮城県
野鳥観察。9年目を迎えた東日本大震災地の宮城県の死者数は9500人を超えた。仙台地域も被害甚大で、未だに復興の遅れの目立つと ころが多い。浸水地域の工事の先行きが気にかかる作者は被災した湖沼で次第に野生動物が増え始めている事実を知り、カメラを向ける。撮影 地の加瀬沼、大沼、七北田川や広瀬川では白鳥を始めとして多くの水鳥の飛来で賑わっている。孫のピアノ演奏曲を挿入して仕上げている。 


Copylight(C) 2010-2014 Tokyo Video Festival for the people All rights reserved.